本文へスキップ
1
工場の一人作業の場所で作業員の安全装置の検討しております。適した商品の機器と説明をしていただけないでしょうか?

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置への質問

(回答)

さっそくご質問を拝見させていただきました。
作業中の人の安全確認システムとしまして以下の商品がございます。

携帯発信機を装着した作業員が一定時間、身体の動きが無いと自動的に警報を発し、離れた事務所や警備室などに自動通報します。※体調不良などで倒れた状態が継続する。


携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置
工場や倉庫など広範囲で移動する作業員に方におすすめの一人作業緊急連絡システムです。
長距離無線で自動緊急通報を行います。
作業員に動きが長時間止まった場合に、離れた場所にある警報盤がブザーで異常を知らせます。
手動の押しボタンでの呼び出しもできます。

携帯式ジャイロセンサー発信器
携帯式ジャイロセンサー発信器。
電池式。無線送信機内蔵。

1.自動送信 
一定時間、発信機が倒れて動かない状態が継続した時。
ジャイロ発信器を60度以上倒します。(人が倒れて動けない状態)
倒れた状態が約30秒以上経過すると発信機から予告音のピーッピーッ音が鳴り始めます。さらに30秒経過するとピーッピーッ音のテンポが早くなり、 警報表示盤に向けて電波が発信されます。

2.手動送信 
押しボタンを3秒以上長押しした場合。


(電波の届く距離 100〜120m)


警報表示盤
警報表示盤。
屋内用。電源AC100V。
携帯式ジャイロセンサー発信器からの電波を受けるとアラーム音を発しランプを点滅させます。


商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置

高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯発信器は人が倒れて動かなくなると一定の時間経過後に発信器から予告音が発生し、 それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。

昼夜を問わず、一人作業中に万が一事故や災害が発生したときに、事務所や守衛室、 さらには電話回線やメールを使って工業外の責任者の携帯電話に緊急連絡を可能にした安否確認システムです。

携帯発信器は緊急ボタン付き。押しボタンを長押した時は即、無線で緊急連絡を行います。


ジャイロセンサー内蔵の携帯発信器は、人が倒れて動かなくなると一定の時間経過後に予告音が発生し、 それでも動かない時は事故と認識して離れた事務所などに緊急コールを行います。
電波を受けた受信警報盤はブザーを作動しながらランプが点滅します。
電波の届く距離が足りないときは中継機を使用することができます。

バナースペース


防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内

株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793

安全対策ドットコムトップ頁