安全対策ドットコムトップページ>> 屋外用赤外線監視システム>>

屋外用赤外線センサーと建屋内の警報機本体、屋外設置のフラッシュブザーの構成の機器動作。

赤外線センサーが作動すると屋内の警報機を迂回して屋外の点滅ブザー(追加オプション)を作動させて賊を威嚇します。


屋外用赤外線センサーと建屋内の警報機本体、屋外設置のフラッシュブザーの構成の機器動作

屋外用赤外線センサー
屋外用赤外線センサー。
電池式。無線送信機内蔵。
敷地内の人の通り道などに設置します。 人の通り道を真横から横切るように赤外線を飛ばします。


(無線 10〜20m) 建物の構造、壁の材質によって変わります。


警報機
警報機。
赤外線センサーからの電波を受けて、家屋の中で100dbの警報音をならします。
警報音は3分間。
同時に外についている無線式フラッシュブザーへ電波で指示を出します。


(無線 10〜20m)建物の構造、壁の材質によって変わります。


無線式フラッシュブザー
無線式フラッシュブザー(無線受信機内蔵、ランプの点滅+100デシベル警報ブザー)
警報機からの無線指示で、フラッシングと100dbの警報音を作動し、不審者を外で威嚇します。
警報音は3分間。 電源はAC100V。
手の届きにくい高い位置に設置することをおすすめします。

商品ご紹介のページはこちら。

屋外用赤外線監視警報機
屋外用赤外線監視システム
電池式の無線通報機能付き防水赤外線センサーを使って、簡単に屋外の不審者を感知、威嚇できます。 赤外線センサーは電池駆動ですので面倒な電源、配線工事が要りません。 付属のネジでどこにでも簡単に設置できますので、 お庭など敷地内への不審者の侵入監視、車への悪戯防止、小規模事務所の防犯管理にもお使いいただけます。


屋外用赤外線監視警報機
 index
おすすめ防犯グッズ
ホームセキュリティ
事業所、店舗の防犯設備、自主機械警備システム
防犯カメラと録画装置
無線通報器、無線呼び出し機
緊急呼び出し、非常ボタン
労働災害防止対策
接点信号による無線通報機
防災設備
セキュリティグッズ
警備会社と自主機械警備の違い
業種別防犯システム

特定小電力無線
ポケットベル
介護、徘徊防止
無線式電源オンオフ切替遠隔操作

固定電話緊急自動通報機
携帯電話緊急自動通報機

無線式回転灯駆動システム
ソーラー電源通報機
人や車の出入りの警告アラーム
歩行者へのの無線警告アラーム
警告シール、警告ラベル

建物、業種別の防犯対策
家庭用商品
店舗、事務所


運用方法に応じた最適な緊急連絡装置、非常ボタンの選び方
運用方法に応じた最適な緊急連絡装置、非常ボタンの選び方


設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方
設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方


ホームセキュリティ、防災警報機のプランと導入事例
ホームセキュリティ、防災警報機のプランと導入事例


安全対策.com


内容の無断転載を禁止します。


 (C)Copyright 安全対策.com.All rights reserved.

..