本文へスキップ

製造業の現場での無電圧接点信号を長距離無線化して警報を発します。24時間無人監視、パトランプで緊急を報せます-無電圧接点信号監視特定小電力無線警報システム。

無電圧接点信号監視特定小電力無線警報システム
各種設備からの接点信号を受け無線で伝送、離れた場所に異常を報せます。
無人の接点信号異常を長距離無線で知らせる緊急呼び出しシステムです。
無電圧接点信号監視特定小電力無線警報システム

設備や警報盤から出る無電圧接点信号が電波発信機に入力されると100m〜300m離れた受信機から接点信号が出力されます。
製造業の現場での各種設備の遠隔監視、無人監視警報装置。設備の事故防止と安全対策、セキュリティ対策に。
外部送信アンテナ、外部受信アンテナ標準付属。障害物を避けて遠くまで電波を飛ばすことができます。
監視接点信号:無電圧a接点1〜8点まで。4点以上はケースが変わります。

送信機本体、受信機本体と独立したロッドアンテナ(送信側、受信側)を使って壁などの障害物を迂回しながら電波を送受信しやすくできます。
送信機本体、受信機本体と独立したロッドアンテナ(送信側、受信側)を使って壁などの障害物を迂回しながら電波を送受信しやすくできます。





各種警報盤や設備装置からの緊急異常の接点信号を受けると、自動的に無線で離れた場所に機械異常発生を報せます。
送信機〜受信機までは無線信号でやりとりしますので電波の届く範囲内で自由に監エリアを作ることができます。

接点信号を監視する送信機〜受信機までの見通し100〜300mまで自動送信、自動伝送可能です。
途中に中継器を配置して通信距離を延長することも可能です。中継機は複数台導入できます。
各種設備装置から出力される接点信号をを受けて自動呼び出しを行う担当者無線呼び出しシステム、無線誘導システム
各種の警報盤や設備装置から出力される緊急の接点信号を受けて自動呼び出しを行う担当者無線呼び出しシステム、警告アラームシステムです。

信頼性の高い日本製です。日本国内で開発、生産されている商品です。

本製品は受注生産品です。屋外使用、電源の種類などご要望に応じてカスタマイズ、仕様変更のご相談もうけたまわっております。
一番下の送信欄からお気軽にお問い合わせください。お待ち申し上げております。



動作イメージ図(機器の外観は仕様により変わる場合があります)

【送信側】

各種機械からの無電圧接点入力
-各種設備-
無電圧a接点出力信号

有線接続

接点監視用遠隔送信機
接点監視用遠隔送信機
接点信号が内部の端子台に入ると
遠隔受信機へ無線通報します。

電源:AC100V
防雨ケース
本体サイズ:110×150×厚40ミリ(アンテナ、電源線は含みません。)

接点入力信号:
監視できる接点:無電圧a接点1〜8点まで。
4点以上はケースが変わります。お見積もり。


3点の信号入力端子を内蔵した送信機の製作例
3点の信号入力端子を内蔵した送信機の製作例。


送信機、受信機は電源を単相AC200V、バッテリ駆動方式、ソーラー電源方式に改造することもできます。
送信機の入力を無電圧b接点に改造する事もできます。
個別に御相談ください。お見積もりをさせていただきます。



独立送信アンテナ
独立送信アンテナ。

別棟間の監視、建物の間取りの関係で送信機→受信機に見通しがとれない場合、 独立送信アンテナを少し離れた位置に設置して アンテナ同士見通しの利く場所まで延長する事が可能です。
追加のケーブルで10mまで可能です。

(設置例)
送信機本体は事務所内、
送信アンテナユニットは廊下、 など。




送信機、受信機には外部送信アンテナ、外部受信アンテナ標準付属。障害物を避けて遠くまで電波を飛ばすことができます。
送信機、受信機には外部送信アンテナ、外部受信アンテナ標準付属。障害物を避けて遠くまで電波を飛ばすことができます。
途中に障害物がある場合、電波の迂回ルートを作ることもできます。



接点信号監視無線送信機を金属製ボックスに収納する場合
接点信号監視無線送信機を金属製ボックスに収納する場合。
電波を発信するアンテナを独立させて
アンテナのみを制御ボックスの外にケーブルで出すことができます。


電源を太陽電池パネルにした納品例
電源を太陽電池パネルにした納品例
電源の無い場所に設置する際に
便利です。



専用の無線送信機は1個毎に独自のIDコードが埋め込まれています。 受信機の内蔵メモリにID登録された送信機にのみ、受信機が反応する仕組みになっていますので、 他の部署の方が所持している同型の送信機で勝手に操作される事はありません。


無線で受信機
へ送信。
見通し300m
までOK。
-監視物件-

【受信側】

遠隔受信機
遠隔受信機
独立受信アンテナユニットを接続した写真です。
防雨ケース。
本体サイズ:110×150×厚40ミリ(アンテナ、電源線は含みません。)


遠隔送信機からの電波を受信して
内部端子台から接点信号の出力を行います。
無電圧a接点信号出力


送信機が複数接点を監視する場合、受信機からそれに対応した
個別の接点信号(1〜8)を出力できます。

4点以上の場合はケースが変わりますので個別にお見積もりをさせていただきます。


3点の信号出力端子を受信機内部に内蔵した製作例
3点の信号出力端子を受信機内部に内蔵した製作例。


回転灯を接続して警報アラームを出すご利用方法もあります。

送信機側の機械の異常を復旧するまで警報は作動し続けます。
電源:AC100V仕様

送信機、受信機とも 太陽電池駆動方式に改造する事もできます。


-有線接続-

回転灯
ブザー音が不要の場合は 回転灯をご利用いただく ことも可能です。


遠隔受信機とブザー付き回転灯。




独立受信アンテナ
独立受信アンテナ。

配置関係で送信機→受信機の見通しがとれない場合、 アンテナ部分を独立させてアンテナ先端部分のみを見通しの利く場所まで延長する事が可能です。
追加のケーブルで10mまで可能です。

(設置例)
送信機本体は事務所内、
送信アンテナユニットは廊下、 など。

(設置例)
受信機本体は建物内、
受信アンテナユニットは外の外壁 など。


ソーラー電源方式
ソーラー電源方式に改造することも可能です。



遠隔送信機と遠隔受信機の壁面への設置方法
遠隔送信機と遠隔受信機の壁面への設置方法。
表蓋の上下の蓋を開けるとネジを通す穴が開いています。 上下の穴にネジを通して壁面にねじ回しで固定してください。




大きな機械設備が工場内に配置されていて、電波が届きにくい場合。※送信機から受信機が見えない場合。
本システムは、送信機、受信機ともアンテナユニットを独立して設置することができます。
天井の高い工場や倉庫の場合、独立アンテナを天井付近の高い位置に設置して、アンテナどうしが見通しの利く状態にすると遠くまで電波が届くようになります。

ご注意
接点端子と遠隔送信機を接続するケーブルの長さをあまり長くすると各種ノイズなどの影響を受けて誤作動を起こしやすくなります。
接点ケーブルの長さは最長でも2mほどでおすすめしています。
そのため、遠隔送信機本体は監視する設備や警報盤のすぐ傍の位置に取り付けることが多くなります。



工場内でご利用の場合。
送信機と受信機の間に大型機械があり電波を遮られて電波が受信機に直接届かない場合、
送信機のアンテナ、受信機のアンテナをそれぞれ天井付近に設置して
アンテナとアンテナが見通しの利く状態にすると電波は遠くまで届くようになります。
大きな機械設備が工場内に配置されていて、電波が届きにくい場合



同じ建屋内で利用する場合。建物の壁に電波を遮られて、送信機の電波が受信機に直接届かない場合、
送信機のアンテナ、受信機のアンテナをそれぞれ廊下(共用部など)に引き出して
アンテナとアンテナが見通しの利く状態にすると電波は遠くまで届くようになります。
※廊下が曲がっていたりするなど環境により通信距離は変わります。
建物の壁に電波を遮られて、送信機の電波が受信機に届かない場合


別棟の建物間で通信する場合。
防雨タイプの外部送信アンテナユニット、外部受信アンテナユニットを外に出して電波を送受信しやすいように運用するイメージ図。
別々の建物間で運用する場合には、お互いの建物の壁自体が電波を遮る障害物となります。
送受信機本体は屋内、送受信の独立アンテナを外壁に設置、アンテナ同士お互いに電波を送受信しやすい位置までケーブルで延長して取り付けます。

建屋が別棟。防雨タイプの外部送信アンテナユニット、外部受信アンテナユニットを外に出して運用するイメージ図



送信機、受信機がそれぞれ複数台の運用も可能です。1台の送信機から複数台の受信機の一斉呼出を行います。
-下 送信機1台、受信機2台の例。-
送信機、受信機がそれぞれ複数台の運用も可能です。1台の送信機から複数台の受信機の一斉呼出を行います。


-商品内容-

監視物件側に既設の各種警報機の無電圧リレーa接点に遠隔送信機を接続します。
接点信号を感知した送信機は、離れた遠隔受信機へ特定小電力無線で通報します。
最大見通し300m先まで通報が可能です。
遠隔受信機には、各種回転灯(アロー製、パトライト社製など)を接続することができます。
送信機、受信機とも電源はAC100V(家庭用電源)です。
※太陽電池駆動、AC200V駆動に改造して納品した例もございます。



特定小電力無線中継器 (※追加オプション機器)
遠隔送信機と遠隔受信機の間の通信距離を延長する際に利用します。
中継機は電波を受信する受信部と電波を発信する送信部の2つが連結しています。
運用方法につきましてはメールでお問い合わせください。
電源:AC100V


大きな工場の中で、中継機を使って壁越しの通信を確保する際のイメージ図。
電波の障害になっている壁越しに、 中継機の受信部と送信部を配置します。
受信部と送信部は有線ケーブルでつながっています。
ケーブルの長さ:最長10mまで。
工場などの天井の高い建物の場合、外部アンテナを高い位置に設置すると電波が遠くまで届きます。

中継機を工場の天井付近に取り付けるイメージ図。電波を遮断する壁を中継機を使って通り抜けます。
大きな工場の中で、中継機を使って壁越しの通信を確保する際のイメージ図。


上位階の吹き抜けの階段室に中継機を置いて、1階→3階の事務所へ通報するイメージ図。
2階部分が電波を遮断しますので、階段室を使って電波を3階に流します。
1階受付→3階の事務所へ通報するイメージ図。2階部分が電波を遮断しますので、階段室を使って電波を3階にう流します。



廊下に中継機を設置して見通しの利かない部分の電波を中継する取り付けイメージ。
外部送信アンテナ側に中継機の受信アンテナを設置します。
廊下に中継機を設置して見通しの利かない部分の電波を中継する取り付けイメージ。


屋外用の中継機を使って、作業現場と異なる別の建物へ異常を知らせる運用イメージ図。
特定小電力無線の電波自体は指向性はありませんので、
イメージ図のように電波を遮断する建物や塀を迂回して通信距離を伸ばすこともできます。
送信機からの電波を直角に迂回するようにして、受信機のアンテナまで届かせます。
屋外用の中継機を使って、作業現場と異なる別の建物へ異常を知らせる運用イメージ図。電波を遮断する建物や塀を迂回して通信距離を伸ばすこともできます。送信機からの電波を直角に迂回するようにして、受信機のアンテナまで届かせます。


※中継機を使う際のご注意
中間に中継機を入れますと、送信から受信までの間に数秒タイムラグが生じる場合があります。
電波自体は指向性はございませんので 遠隔送信機、遠隔受信機の双方から見通しの利く位置に中継機を入れて
電波を迂回して飛ばしていくイメージでご検討をいただく事をおすすめします。

送信機と受信機の間に中継機を入れた時のチャンネル合わせ。混信しないようにチャンネルを変えて設定します。
送信機と受信機の間に中継機を入れた時のチャンネル合わせ。混信しないようにチャンネルを変えて設定します


ソーラー電源式特定小電力無線中継機
ソーラー電源式の特定小電力無線中継器。
送信機と受信機を別棟の建物間に配置するが、途中に他の建物や壁など電波を遮る物のある時は
屋外用のソーラー電源式の中継機も製作できます。屋外で電源の無い場所にご利用いただけます。
ご予算は個別にご相談ください。
※中継機のポイントに電源がとれればAC100V電源式の中継機をおすすめします。




−当商品の特徴−
  • 信頼性の高い日本製の商品です。外国製商品と異なり修理点検が可能です。
  • 面倒な配線工事は必要ありません。
  • 送信機、受信機とも複数台での組み合わせでご利用いただけます。
  • 送信機、受信機のペアリングは互いに登録、抹消ができます。複数セットある場合には組み合わせの変更も可能です。
  • ご利用に伴う役所への届け出は必要ありません。
  • 受注生産品。屋外での使用、電源種別(AC電源、DC電源)のご要望のご相談も承ります。
  • お見積もりのご依頼、ご相談は無料にて承っております。



本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ

バナースペース


本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内