本文へスキップ

ベルト装着式携帯押しボタン無線緊急連絡システムの利用可能なオプション機器のご紹介。自動電話通報装置、自動メール通報装置。

ベルト装着式携帯押しボタン無線緊急連絡システムで利用できるオプション機器のご紹介-ご希望の内容をご相談ください。






接点信号監視ショートメール自動通報装置  接点信号監視ショートメール自動通報装置(※追加オプション機器)

1人作業緊急連絡装置の警報表示盤がアラームを発報すると同時に、出力された接点信号がメール通報機の端子台に入力されるとショートメール(SMS)を使って 、予め登録された設備管理担当者の携帯電話やスマートホンへ自動的に緊急連絡を行います。

※メール通報機をご利用いただく場合は警報表示盤に接点信号出力端子を追加改造する必要がございます。

NTTドコモのSIMカードを使ってショートメールを発信します。
現地に電話回線にひかれていない場合も遠隔地の担当者に異常事態発生を知らせる事ができます。

現場から離れた担当者に異常事態発生を自動的に連絡する事ができます。
停電監視もオプションで利用できます。

接点信号監視ショートメール自動通報装置

1人作業緊急連絡装置の警報表示盤がアラームを発報すると同時に、出力された接点信号がメール通報機の端子台に入力されるとショートメール(SMS)を使って
            、予め登録された設備管理担当者の携帯電話やスマートホンへ自動的に緊急連絡を行います

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置が異常発報したときに、離れた担当者や責任者の携帯電話やスマホに直接緊急ショートメールを発信して自動通報を行います。
通報先電話番号の変更、メール文面は書き換えが可能です。



自動電話通報機  自動電話通報装置(※追加オプション機器)

一人作業警報表示盤が異常警報を受信すると同時に警報盤の中から出力された接点信号を拾って予め指定された電話番号へ緊急通報。電話に出ると異常を知らせる音声アナウンスが流れます。通報先電話番号は最大6カ所まで登録できます。

※通報機をご利用いただく場合は警報表示盤に接点信号出力端子を追加改造する必要がございます。

NTT回線(アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線、光電話など)の固定電話回線を使って自動連絡します。

接点信号監視用自動電話通報装置-固定電話回線を使った緊急連絡システム

一人作業警報表示盤が異常警報を受信すると同時に警報盤の中から出力された接点信号を拾って予め指定された電話番号へ緊急通報。電話に出ると異常を知らせる音声アナウンスが流れます

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置が異常発報したときに、現場から離れた責任者や設備安全管理責任者の携帯電話やスマホに固定電話回線を使って緊急事態発生を知らせる電話(音声アナウンス)を流します。
電話に出ると異常を知らせる音声アナウンスが流れます。
音声アナウンスは吹き替えできます。

アナログ電話回線に接続する場合の例。
一般固定電話回線との接続方法


ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に接続する場合の例。
アダプタ、モデムに電話機を接続する空きアナログポートがある場合はそちらに直接接続します。
ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に接続する場合の例アダプタ、モデムに電話機を接続する空きアナログポートがある場合


ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に接続する場合の例。
アダプタ、モデムに空きアナログポートが無い場合。電話線の二叉ソケットを使って接続する例です。
ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に接続する場合の例アダプタ、モデムに空きアナログポートが無い場合

本製品を使って緊急電話通報が行われた時にかかる料金の目安
本製品は、既に敷設されているNTT回線(アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線、光電話)など固定電話回線を一時的に利用して緊急自動連絡を行います。 本製品用の専用電話回線は必要ありません。

既存の電話回線を使って予め登録された電話番号を自動呼び出し、相手先が電話に出ると音声アナウンスが流れます。 1先へ緊急連絡を行う度に、1回10円程度の電話料金を使って機械が自動的に電話をかけるイメージとなります。 通話料金は電話会社からの請求となります。

電話料金は電話環境(固定電話、携帯電話)により電話料金は変わります。
2016年7月現在 電話料金の目安
電話会社各社の料金プランによって変わります。詳しくはそれぞれの電話会社にご確認下さい。
NTT固定電話→NTT固定電話へ通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間10円
NTT固定電話→au携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間90円
NTT固定電話→ソフトバンク携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 約15秒 11円

※ご注意
本製品が緊急通報を行う際に通報機が接続された電話回線が使用中の場合は話中になるため緊急通報を行う事はできません。
相手先が電話に出ないと電話料金はかかりません。留守番電話に回った場合は電話料金がかかります。



 ホーンスピーカ一体型音声合成回転灯
ホーンスピーカ一体型音声合成回転灯
警報表示盤に接続して動作する仕様でも制作できます。個別お見積もり。
パトライト社製。
ランプが回転しながら、予め登録された音声アナウンスを流します。

大型ホーン。 音量は大音量の105デシベル〜0デシベルまで内部の音量調節つまみで調節できます。
カラー 赤 黄 緑 青
グローブ ・耐候性、透光性に優れたアクリル樹脂
低音を重視した設計で、耳にやさしい音質です。
防滴構造のため屋外でも使用できます。

ホーンスピーカ一体型音声合成回転灯と一人作業連絡装置を接続

(音声アナウンスの例)
緊急事態発生!緊急事態発生!
緊急通報を受信しました。至急確認してください。
トラブル発生しました。点検してください。
異常が発生しました。点検してください。
安全装置が作動しました。
車が出庫します。ご注意ください。
車両が出入りしますので通行にご注意ください。

レンズの中に0デシベル(無音)から105デシベルの間で音量を調節できるつまみがついています。
レンズの中に0デシベルから105デシベルの間で音量を調節できるつまみがついています

ホーンスピーカ一体型音声合成回転灯の壁面固定用L字型金具。
ホーンスピーカ一体型音声合成回転灯の壁面固定用L字型金具



シルウォッチ−携帯型無線呼び出しシステム(※追加オプション機器-ポケットベルに近い商品)

受信機に接続して利用できます。
受信機の発報と同時に、受信機から接点信号がシルウオッチ送信機に入力されると、
腕時計型受信器や携帯型光受信器など安全責任者、保守メンテナンス担当者が携帯する小型携帯受信機を自動的に呼び出します。呼出距離は100m以上。中継機を配置して呼び出せる範囲を広げることができます。
シルウオッチ腕時計型携帯受信機

1人作業警報装置の発報と同時に腕時計型受信器や携帯型光受信器など安全責任者、保守メンテナンス担当者が携帯する小型携帯受信機を自動的に呼び出します
シルウォッチ−携帯型無線呼び出しシステム




ベルト装着式携帯押しボタン無線緊急連絡システム

工場や倉庫、大型店舗、研究室、クリーンルームなどで仕事中の従業員や店員の安全管理におすすめします。

腰ベルトに装着する小型発信機の押しボタンを押すと100m離れた場所のパトランプやブザーが作動します。オプション機器の中継機を使って通信距離を延長することもできます。

工場や倉庫などでの非常連絡や誘導、業務の運営効率の向上や省力化にもお役に立てます。

昼夜を問わず、一人作業中に万が一事故や災害が発生したときに、事務所や守衛室、 さらには電話回線やメールを使って工業外の責任者の携帯電話に緊急連絡を可能にした産業用社員安否確認システムです。

ベルト装着式携帯押しボタン無線緊急連絡システム,腰ベルトに装着する小型発信機の押しボタンを押すと300m離れた場所のパトランプやブザーが作動します
携帯発信器、受信盤は複数台をご利用いただけます。


携帯式押しボタン電波発信器
上面の赤いボタンを1秒間長押しすると電波が発信されます。
携帯式押しボタン電波発信器 上面の赤いボタンを1秒間長押しすると電波が発信されます




本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
弊社HPトップ頁へ




バナースペース


安全対策ドットコム


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内