本文へスキップ

本製品は接続してある設備装置や警報機が作動し無電圧a接点入力が行われると事前に登録された通報先の電話番号へ自動的に電話をかけます。

自動電話通報装置FS200-接点信号監視用の電話回線を使った緊急通報装置

自動電話通報装置FS200

本製品は接続してある設備装置、セキュリティシステムが作動し無電圧a接点入力が行われると事前に登録された通報先の電話番号へ自動的に電話をかけ、録音されているメッセージを流し異常を報せます。


電話番号は最大3ヶ所まで登録でき、メッセージは最長20秒まで吹き替えが可能です。
3ヶ所の通報が完了すると自動的に終了します。

リダイヤルは3回です。 メッセージの再生中に 受信側電話機(通報を受けた先)のいずれかのボタンを3回押して押して発信音(プッシュ音)を 出すと以後の通報(リダイヤル)をキャンセルできます。


新製品に移行しました。


●仕 様:
1) 電話回線:プッシュ回線(アナログ電話回線)専用です。
  ※ダイヤル回線では使用できません。

一般加入電話回線の2線式アナログプッシュ回線専用(トーン式)のモジュラー6極2芯式です。 発報と同時に最大3件まで自動的に通報致します。

アナログ回線、isdn回線、adsl回線に接続して使用できます。
ISDNはターミナルアダプター、ADSLはスプリッターに接続します。

ビジネスフォン、内線電話、PBX交換機、ホームテレフォン、4線式電話、ゼロ発信電話には接続して使用出来ません。
光電話に本製品は接続してご利用頂けません。

(もしお手元の回線の種類が判らない場合は、NTTの116番にお問い合わせ下さい。)


2) 通報件数:最大3件
固定電話や携帯電話の電話番号を3箇所まで登録して、通報を受けることができます。
※ご注意 au携帯電話機の一部は、通報を正常に受信できない場合があります。
※ご注意 softbank携帯電話機で通報を受けた場合、アナウンスが流れない事がございます。
 (ワンギリの状態。着信は入ります。)

登録電話番号を変更する場合は、上書き変更して下さい。
通報先を設定したくない場合は0だけ登録して下さい。


3)リダイヤル:5回
メッセージの再生中に受信側電話機のいずれかのボタンを3回押して 発信音(プッシュ音)を出すと以後の通報をキャンセルできます。
さらに通報メッセージを受けて受信側電話機のいずれかのボタンを 1回押すと室内の音を約60秒間聞くことが出来ます
(室内音を確認した場合は次以降の通報をキャンセルします。)  


4)呼出時間:約30秒(ダイヤル時間)


5)通報メッセージ:最大20秒録音可能
通報時は録音されたメッセージが3回又は約30秒再生されます。


6)手動操作:
A)手動通報 
手動で通報させたい場合は、本製品に電話番号を登録し、 電話回線に接続してから各種設備装置に接続するケーブルをショート(接触)させてください。 電話通報機単体で通報を開始します。

B)手動停止(通報を停止させる場合)
1:通報先の電話に出てメッセージの再生中に受信側電話機(通報先)の いずれかのボタンを3回押します。

2:通報装置の電源を切ります。(停電電池も切ります)
この場合は、電話番号の再登録が必要です。


7)電 源 :DC12V(専用ACアダプター)
停電対応用電池:006P(9V)1個内蔵、バックアップ時間:約10時間

自動電話通報装置FS200への電池の入れ方

※ご注意
電源が完全に切れると登録してある電話番号がメモリから消えます。 この場合、必ず電話番号の再登録をおこなって下さい。
(コンセントが抜かれ、内蔵の電池も切れた状態)
通報メッセージは消えません。



自動電話通報装置FS200と電話回線との接続方法


自動電話通報装置FS200と一般公衆回線(アナログ回線)の接続イメージ
自動電話通報装置FS200と一般公衆回線、アナログ電話回線とのつなぎ方



自動電話通報装置FS200とISDN回線の接続イメージ
自動電話通報装置FS200とisdn電話回線とのつなぎ方


自動電話通報装置FS200とADSL回線の接続イメージ
自動電話通報装置FS200とADSL電話回線とのつなぎ方


電話専用の二叉ソケット
自動電話通報装置FS200と電話線を二叉を使って接続した写真




通報先の登録方法-自動電話通報装置FS200のテンキーを使って各種の設定を行います。
自動電話通報装置FS200の電話番号を設定するテンキー
設定手順:

1:通報メッセージの録音
   ●REC/PLAYボタン(青)を押したままにして下さい。
   ↓
   〇約2秒後にM1下のランプが点灯すると録音開始です。
     録音中もREC/PLAYボタン(青)を押したままにしてマイクに向かってはっきりと
   ↓ 話して下さい。
   ●REC/PLAYボタン(青)を放すとM1下のランプが消灯し終了です。

※通報メッセージは最大で20秒間録音出来ます。
音量調整はありませんので、 マイクからの距離と話す大きさで調整して下さい。
メッセージを変更した場合は上記操作を繰り返して下さい。


2:通報メッセージの確認
   ●REC/PLAYボタン(青)を1回おします。
    録音したメッセージがスピーカーから再生されます。


3:通報先電話番号の登録
   ●REC/PLAYボタン(青)を2回おします。
   ↓
   通報先の電話番号を押します。
   例123−45−6789
   @ABCDEFGH   (ボタンを押す度にトーン音が聞こえます。)
   ↓
   ●STOREボタン(青)を2回おします。
   ↓
   電話番号を登録する番号(通報する順番)を押します。
   (M1・M2・M3=1番・2番・3番)
     例:M1番に登録する場合。
   〇 M1ボタンを押します。
   ↓
   ●REC/PLAYボタン(青)を1回おします。


4:通報先電話番号の確認
   ●REC/PLAYボタン(青)を2回おします。
   ↓
   確認したい電話番号を登録した番号(通報する順番)を押します。
   (M1・M2・M3=1番・2番・3番) 
   例:M1番を確認する場合。
   〇 M1ボタンを押します。
   スピーカーからトーン音が聞こえます。聞こえない場合は、再登録して下さい。



新製品に移行しました。





会社案内
弊社HPトップ頁へ

バナースペース


防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内