本文へスキップ

外部通報型押しボタン緊急通報装置(固定電話回線を使った押しボタン緊急通報装置)の導入の手順。

外部通報型押しボタン緊急通報装置への質問と回答


(ご質問への回答)

取付は簡単です。
以下のようなおおまかな流れとなります。


1.緊急連絡先の電話番号の登録を行います。
自動電話通報装置を、警報機と信号ケーブルで接続する前に、自動電話通報機単体で通報先の電話番号を登録作業を行います。
設定方法は、自動電話通報機に市販の電話機を接続して電話機のキー操作で行います。登録作業は簡単です。


2.警報機と自動電話通報装置を付属の信号ケーブルで接続します。
警報機と自動電話通報装置の電源を切った状態で行います。


3.自動電話通報装置に固定電話回線のモジュラーケーブル(電話線)を接続します。


4.警報機の電源プラグと自動電話通報装置のACアダプターをコンセントに差し込みます。


5.押しボタン〜警報機まで電波が届くかどうかのチエックを行います。
ボタンをご希望の位置に仮止めしてボタンを押し、警報機のアラーム音が作動するかどうかを確認します。
ボタンの電波を受信した警報機は、アラーム音を鳴らします。同時に自動電話通報装置から、登録された電話番号に緊急事態発生を知らせる電話がかかってくるかを確認します。
警報機のアラーム音は、押しボタンを元に戻すと停止します。


6.上の動作を確認出来たら警報機、自動電話通報機、ボタンをネジ等で固定します。


以上で導入の作業は完了です。
1ヶ月に1回程度、定期的に押しボタンを押して、システムが正常に動くかどうかをご確認ください。



警報機と自動電話通報装置の取り付け位置は?
警報機と自動電話通報装置は有線ケーブルで接続されます。
また、自動電話通報装置は電話回線の取り出し口と接続しますので、警報機+自動電話通報装置は屋内の電話機の近くに設置する事が多くなります。

警報機〜自動電話通報装置までの信号ケーブルの長さは最長で5mまでをおすすめします。
信号ケーブルの長さを過剰に伸ばすとノイズを拾って誤作動を起こす可能性がでてきます。

電話回線の取り出し口と警報機の位置が離れる場合は、電話線の取り出し口から自動電話通報機まで市販のモジュラーケーブルを使って引っ張ることをおすすめします。



屋内用据え付け式緊急押しボタン
屋内用据え付け式緊急押しボタン。
電源AC100V。近距離無線送信機内蔵。
店舗のレジ下や会社の受付、事務所、相談室、教室。ご家庭の居間や寝室、浴室(防水型の電池式タイプ)など。
首にかける携帯ネックレスタイプのボタンもあります。


(無線 10〜15m)


外部通報型押しボタン非常ボタンシステム警報機本体
警報機本体。
屋内用。電源AC100V。
非常押しボタンからの無線通報を受けて100デシベルほどの警報アラームを点滅するランプが作動します。
同時に接続された自動電話通報機へ信号を送ります。


有線ケーブルで接続します-2芯リード線

自動電話通報機
自動電話通報機
警報機本体と電話回線の2つに有線ケーブルで接続します。
警報機からの指示で予め通報機の内蔵メモリに登録された電話番号へ自動コールを行います。
既設の固定回線に接続します。新たに専用の電話回線は必要ありません。


電話網


ご担当者の携帯電話やスマートホン、ご自宅の固定電話に非常ボタンが押された事を報せる緊急音声アナウンスを流します。
ご担当者の携帯電話やスマートホン、ご自宅の固定電話に非常ボタンが押された事を報せる緊急音声アナウンスを流します。




商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

外部通報型押しボタン緊急通報装置(固定電話回線を使った緊急通報装置)

お手元の非常通報押しボタンを押すと、 機械が自動的に予め登録された電話番号3カ所まで異常を告げる音声アナウンスを流します。

既設の電話回線を使って緊急通報しますので月々の管理費用はかかりません。
女性だけになる事務所や店舗、深夜営業の飲食店、学校や保育園、マンションの管理人室、警備員室への緊急通報装置、防犯対策に。 今お使いの固定電話回線を一時使用する緊急連絡装置です。

アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線などNTT固定回線に接続してご利用いただけます。
非常ボタンを押すと緊急事態発生を報せる音声アナウンスを携帯、スマホにテレホンコールします。
電話番号の登録や変更作業にパソコンは必要ありません。

電源はAC100V(一般家庭用電源)です。
ビジネスホン、PBX、交換機を介した内線には接続してご利用できません。

非常押しボタンを押すと警報機が100デシベルのアラーム音をならします。同時固定電話回線を使った自動通報機が予め内蔵メモリに登録された電話番号へ緊急事態発生を知らせる音声アナウンスを流します。




外部通報型押しボタン緊急通報装置の特徴
  • 無線式で取り付け簡単です。
  •  
  • 浴室やトイレでも利用出来る防水タイプの押しボタンも利用できます。
  •  
  • 押しボタンは複数個ご利用いただけます。
  •  
  • 緊急連絡先の電話番号は最大3カ所まで登録できます。登録変更作業は簡単です。
  •  
  • 本製品は買い取り商品です。月々の管理費用などはかかりません。
  •  
  • ご自宅の電話回線を通報用に使用します。専用の電話回線、通信回線は必要ありません。
  •  
  • ご購入後に押しボタンを追加することもできます。ご相談ください。

バナースペース


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内

株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793

安全対策ドットコムトップ頁