本文へスキップ

無線パッシブセンサー式フォーククリフト接近警告装置への質問と回答、Q&A集。

無線パッシブセンサー式フォーククリフト接近警告装置へのご質問と回答





無線送信機内蔵パッシブセンサー設置の際のご注意点。
以下の場合は検知しません。
1.感知エリアを通過するのに5秒以上かかる遅い通過。
2.一度移動物が通過した後の5秒以内の通過物。

本製品は防雨構造です。防水構造ではありませんので、ホースなどで直接水はかけないでください。
常時水のかかる場所や浴室などの湿気の多い場所では使用しないでください。
センサーは水平エリアが地面と水平になるように、正面や側面から見て傾きのないようにまっすぐに取り付けてください。

次のような場所に設置すると誤作動の原因になるので避けて設置してください。
1.強い光(日光やスポットライト)が直接又は反射して当たる場所
2.急激な温度変化のある場所(冷暖房器具の吹き出し口など)
3.警戒エリアに動く物がある場所(植物、洗濯物など)
4.強い振動や電気的雑音の発生しやすい場所
5.犬や猫などのペットや自動掃除ロボットが通る場所
6.警戒エリア内に遮蔽物(ガラス、聡明樹脂などを含む)がある場所。
影になる部分は非検知場所になります。


フラッシュブザー付き無線受信機の際のご注意点。
本製品は防雨構造です。防水構造ではありませんので、ホースなどで直接水はかけないでください。
常時水のかかる場所や浴室などの湿気の多い場所では使用しないでください。
横向きや倒立させた状態で設置しないでください。

電波の到達距離は以下のような場合に短くなる場合があります。
1.センサーとフラッシュブザーをの間に金属や鉄筋コンクリートなどの隔壁がある場合。
2.取付面が金属の場合。周囲が金属で囲まれている場所に設置した場合。
3.壁の内部に断熱物やアルミ箔などを貼り付けたグラスウールなどを使用している場合。
4.テレビ、ラジオの送信所付近など強電界地域の場合。
5.テレビ、OA機器、モーターの近くなど、強い電界や時期を発生する機械の近くでは正常に動作しない事があります。



無線パッシブセンサー式フォーククリフト接近警告装置
構内の要所要所に設置したパッシブセンサーの前をフォークリフトが横切ると、
メロディや合成アナウンスを流すパトランプが作動してリフトの接近を周囲に知らせます。
センサーは進行方向識別機能を内蔵。一方の方向に進むリフトだけを検知します。
工場内、倉庫、構内などで見通しの利かない交差点や出入り口、曲がり角などの交通事故防止、労働災害防止、交通事故防止、安全対策対策に。

無線パッシブセンサー式フォーククリフト接近警告装置



本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ


バナースペース


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内