本文へスキップ
1
特定小電力無線受信機とソーラーパネルの電源ケーブルの接続方法。太陽電池式遠隔パトランプ警報システム。

太陽電池式遠隔パトランプ警報システムへの質問

ソーラーパネルの裏側に電線ケーブルが出ています
ソーラーパネルの裏側に電線供給用のケーブルが出ています。
+と−の2本。プラスとマイナスの区別にご注意ください。


ソーラーパネルの電源ケーブルを警報機のケースに引き込みます。ケース下側にケーブル引き込み用の穴が開いています
ソーラー電源式特定小電力無線受信機の蓋を開けると電源ケーブルを接続する端子台が内蔵されています。
ソーラーパネルの電源ケーブルを警報機のケースに引き込みます。
※防雨ケース下側にゴムパッキン付きのケーブル引き込み用の穴が開いています。

緑色の電子基板の左下に小さく見えるのが、警報機の電源オンオフ用レバースイッチ。



先端を+ドライバでソーラーと書かれた端子台にしっかり固定します
電源ケーブルの先端をドライバで”ソーラー+−”と書かれた端子台にしっかり固定します。
接続の際は+−の極性を間違えないように注意してください。
接続作業を行う場合は警報機の電源を切った状態で行ってください。


携帯式緊急無線送信機
携帯式特定小電力無線送信機(ピンスイッチ型)
持ち歩き式。腰ベルトに装着します。
工場や作業現場で社員の方が体調を崩した時、気分が悪くなったとき、設備異常を発見したときなどの緊急連絡用スイッチ。
警備員や駐車場の誘導員が携帯します。
電波発信機のピンを抜くと簡単に作動します。スライドスイッチ式もあります。


(特定小電力無線 100〜300m) ※中継機を入れて通信距離を延長することも可能です。


特定小電力無線受信機
ソーラー電源式の特定小電力無線受信機。
大型バッテリ、充電回路内蔵。
太陽電池で充電し、緊急スイッチからの電波を受けてパトランプを回転させます。
工場の出入り口、駐車場の出入り口、大型ホールや遊園施設での緊急連絡、非常連絡、無線による交通誘導に。

ソーラーパネルは昼間は常時直射日光に当たる場所に取り付けてください。
ソーラーパネルは30センチ×60センチ程度の大きさがありますので、 風の影響を受けやすくなります。 写真のように金属ポールに設置する場合は、道路標識を支えているような しっかりした金属ポールを容易されることをおすすめします。 日中は常時直射日光の当たる日陰にならない場所に取り付けてください。
※ソーラーパネルの重量自体は軽量です。


※以下のようなご相談も承ります。
屋内用、屋外用。
電源の種別(AC100V、単相AC200V、DC電源など)



商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

太陽電池式特定小電力無線パトランプ無線警報システム

電源のとれない駐車場や作業現場にソーラー電源式パトランプを設置。 携帯送信ボタンで回転灯を遠隔操作することができます。
特定小電力無線呼び出しシステム、安全対策、セキュリティ対策に。

車両の出入り口の安全対策。警備員による誘導システム、警告システムに。 工事現場、作業現場などでの緊急通報、非常通報装置、無線車両誘導システム、セキュリティ警報装置、防犯用機械警備設備に。

パトランプの電源はソーラー電源式。
ソーラーパネルとパトランプ、遠隔受信機はケーブルをつなぐだけで駆動します。

電源のとれない駐車場や作業現場にソーラー電源式パトランプを設置。 太陽電池式遠隔パトランプ警報装置

バナースペース


防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内

株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793

安全対策ドットコムトップ頁