本文へスキップ

押しボタン操作、接点信号異常を無線で腕時計型受信器および携帯型光受信器を振動呼び出しします。液晶画面にメッセージを表示します。接点信号による自動送信も可能です。

シルウォッチ-液晶表示付き携帯型無線呼び出しシステム
無線による従業員、担当者の呼び出しに。店舗、工場、倉庫、工事現場などで御利用いただけます。
設備管理や生産現場での安全対策とセキュリティ、労働災害防止。 緊急連絡、省力化生産性の向上、
ミスの防止と迅速なトラブル対応などにご利用いただけます。

押しボタンの他に接点信号(無電圧a接点)による機械設備の保守作業員や責任者の自動呼び出しも可能です。

本製品は買い取り商品です。月々の管理費用は必要ありません。簡単に導入できます。
中継器を使用することにより更に離れた場所への通信が可能です。中継機は複数台利用できます
シルウォッチ-液晶表示付き携帯型無線呼び出しシステム
-電波で、腕時計型受信器および携帯型光受信器を振動・文字・光で呼出します。-

腕時計型受信器
腕時計型呼び出し機−振動とメッセージで呼び出します。

送信機と受信器のID設定により、複数の受信器の一斉呼び出しや個別の担当者の呼び出し。
グループ別の呼出といったご要望に応じた呼び出しシステム構成が可能です。
例 送信機1→受信器複数個。送信機複数個→受信器複数個。

倉庫やホールなど大きな空間の建物内での係員の無線呼び出しシステム、緊急連絡システム
倉庫やホールなど大きな空間の建物内での係員の無線呼び出しシステム、緊急連絡システム、安全対策システムに。
工場内、構内での緊急呼び出し装置、担当者の呼び出しシステム
工場内、生産ライン上での緊急呼び出し装置、担当者の呼び出しシステム、 非常ボタン、無線呼び出し装置、安全対策システムに。
各種設備装置から出力される接点信号をを受けて自動呼び出しを行う担当者無線呼び出しシステム、無線誘導システム
各種設備装置から出力される接点信号を受けて自動呼び出しを行う担当者無線呼び出しシステム、無線誘導システム



携帯型光受信器への呼出

腕時計型受信器への呼出
画像では見えにくいですが、
腕時計型受信器は振動しています。


動作イメージ図
-送信機-

シルウオッチ送信機
シルウオッチ送信機


シルウオッチ送信機
電源 ACアダプター
押しボタンが標準でついています。
電池でも使えるので持ち運べます。

シルウオッチ送信機
シルウォッチの送信機は、 リレー接点信号によって自動的に受信機を呼び出すことができます。
シルウオッチの送信機は、無電圧a接点入力用のリード線を追加することができます。 機械信号、警報盤などからの信号を受けて自動的に腕時計型受信器および携帯型光受信器を呼び出すことができます。




無線で受信機
へ送信。
見通し平均
100〜150m
通信距離は、建物の間取りや技量環境によって変わります。

シルウオッチ中継器、リピーター
シルウオッチ用中継機、リピーター
中継器を配置することで、 通信距離を伸ばすこともできます。
電源 ACアダプター


【受信機】

携帯型光受信器
携帯型光受信器
光/振動/文字/音で呼び出します。


腕時計型受信器
腕時計型受信器
振動(バイブ)と文字で呼び出します。

-ご注意-
お客様の使用環境によって通信距離は変わります。

腕時計型受信器,携帯型光受信器

腕時計型受信器〔振動/文字/アラーム/時計表示〕
携帯型光受信器〔光/振動/文字/音/アラーム/時計表示〕


シルウオッチ押しボタン送信機 シルウオッチ送信機

押しボタンもしくは接点信号(2点まで)で腕時計型受信器、携帯型光受信器を無線で呼び出します。
専用ACアダプター付属(家庭用コンセント使用時)。
※家庭用コンセントでも単4電池2本でも駆動します。

送信機は、押しボタン、接点信号による呼び出しともに1回約10秒間受信機を呼び出しします。

シルウオッチ押しボタン送信機


シルウオッチ送信機には受信機の液晶に表示される3つのメッセージを登録する事ができます。

1.押しボタンが押された時に受信機に表示されるメッセージ
2.接点信号1番が入力された時に受信機に表示されるメッセージ
3.接点信号2番が入力された時に受信機に表示されるメッセージ
※2.3は接点信号ケーブルが必要になります。

受信機の液晶表示されたメッセージで、何の呼び出しかを識別する事ができます。

(メッセージの表示例)
1台のシルウオッチ送信機には受信機の液晶に表示される3つのメッセージを登録する事ができます。
送信機は押しボタンによる呼び出しだけのご利用、もしくは接点信号監視のご利用だけでも使用できます。


移動中の仲間やグループの呼び出しにも利用いただけます。押しボタン送信機は電池でも利用する事ができます。
移動中の仲間やグループの呼び出しにも利用いただけます。押しボタン送信機は電池でも利用する事ができます。



1台の送信機を使って複数台の腕時計型受信器、携帯型光受信器を一斉に呼び出す事ができます。
1台の送信機を使って複数台の腕時計型受信器、携帯型光受信器を一斉に呼び出す事ができます。
グループの一斉呼び出し。混信しない別グループを作ることもできます。 信号



腕時計型受信器 腕時計型受信器

振動/文字で呼び出します。
振動、文字、アラーム音(設定項目のブザー設定をONにした場合)で呼び出します。
送信機からの電波を受信すると5回振動します。同時に液晶のバックライトが点滅し、 液晶部分に情報の内容を約8秒間表示し、自動的の元の状態に戻ります。
受信機が応答動作中に他の受信を受けると、現在の動作終了後に受信したものに応答動作を行います。

メッセージを文字で伝えます。
漢字       全角で最大10文字
カタカナ     半角で最大20文字
アルファベット  半角で最大20文字

表示メッセージは、漢字、カタカナ、アルファベットが混じっていても大丈夫です。
上段下段ともそれぞれ最長半角10文字までで表示文字数を計算してください。

【腕時計受信機液晶の1行の表示文字数の計算例】
ボイラー異常 →半角9文字 OK
ボイラー設備異常 →× 半角13文字、半角計算で3文字オーバー


JIS防水保護等級5級相当-日生活防水仕様。
※入浴、水泳などは避けてください。


時計機能が付いています。時計表示は常時表示することも出来ますし非表示とすることも出来ます。
予め設定された時刻は次のどちらかの方法でお知らせ出来ます。
1)連続する振動
2)連続する振動+ブザー音

最大10件迄の受信履歴のメモリーが可能です。着信時間とメッセージがメモリされます。
電池はリチウム電池を使用し充電式となっています。 尚、腕時計受信器の使用時間が極端に短縮するようになりましたらリチウムイオン電池を交換をして下さい。 1日5〜6回程度の受信で時刻を常時表示にした場合、1回の充電で約5日間連続使用することができます。

腕時計型受信器

腕時計型受信器充電器
充電中の写真。

腕時計型受信器
腕時計型受信器の色を選べます。
左から
ホワイト&ブラック
ホワイト&ピンク
ホワイト&シルバー
ブラック&ピンク
ブラック

フル充電でご使用可能時間が極端に短くなったら充電池の交換時期です。メーカーもしくは販売店にお問い合わせください。
※ご自分で電池交換は行わないでください。



携帯型光受信器 携帯型光受信器(キューブライト)

光/振動/文字/音で呼び出します。 胸ポケットなどに入れて携帯します。

携帯型光受信機のアラームの方法は以下の2通りとなっております。
光+振動+液晶表示
光+ピ−ピー音+液晶表示
携帯型光受信機の側面のスイッチで切り替えることができるようになっております。

送信機から発信された信号をキャッチすると、 約3秒後に振動、光、音でお知らせします。
同時に液晶部に情報の内容を約10秒間表示し、自動的に元の状態に戻ります。液晶表示メッセージは半角カナ数字10文字まで。

※ −(ハイホン)、_(アンダーバー)も表示できます。

電池:単4形電池1本

携帯型光受信器

ストラップ用の穴付き。シルウオッチ用携帯型光受信器
ストラップ用の穴付き。裏面と側面。
携帯電話機のような小さなストラップを通す穴が開いていますので 適当な紐をご用意いただければ首かけタイプでご利用いただけると思います。 穴は携帯電機の細い糸のようなストラップを通す小さなものですので、 首にかけて使用する場合はまず細い糸のようなものを通して、 その先に首にぶら下げることができるような太い紐をつけていただくような形になるかと存じます。



中継器 中継器(リピーター)

送信機から発信された信号をキャッチすると、約3秒後に受け取った信号を受信器や別の中継器に発信します。

専用ACアダプター付属(家庭用コンセント使用時)。
※家庭用コンセントでも、単4電池2本でも駆動します。
※押しボタン機能は使えません。

中継機は電源(ACアダプター)を入れるだけで作動します。導入に際に特別な設定作業は必要ありません。
中継機は電源(ACアダプター)を入れるだけで作動します。導入に際に特別な設定作業は必要ありません。

シルウオッチの中継機は、グループに関係無くシルウオッチの全ての電波を中継します。
シルウオッチの中継機は、グループに関係無くシルウオッチの全ての電波を中継します



 特定小電力仕様の無線通信機器です。

無線機なので工事不要。有線方式の通信機器に比べ、安価なご提供が可能です。
ご自分で簡単に設置できます。

構内・工場・生産ラインなどにおいてご利用いただけます。

文字表示後、一旦消えた直前情報を、もう一度呼び出すことができます。

宿泊施設・病院・商業施設で従業員、お客様の呼び出しに。

メッセージは、カタカナ・数字・アルファベットを自由に組み合わせ。 表示は5文字のスクロールで10文字表示です。
※御注文の際は、事前に表示内容をご指定ください。 メッセージはご自分で変更できません。

送信機の別々のメッセージに登録することでどの送信機からの呼び出しかを識別できます。

電波の到達距離は腕時計型では見通し100〜150m。 中継器との組み合わせで、通信距離を延長することができます。
※中継器の使用により、送信から受信までの数秒のタイムラグが発生します。



 事業所/施設への導入例

情報伝達システムシルウォッチは、 以下のようなケースで導入することができます。

騒音が激しく、機器の信号音が聞こえない場所での担当者の呼び出し、緊急連絡。
上の例と逆で、静寂を必要とする場所での担当者の呼出しに。音楽堂、コンサートホールなどでの係員の呼び出し。
難聴者や聴覚障害者の働く現場での連絡に。振動で知らせます。
娯楽施設や公共施設、映画館、劇場、図書館、美術館や博物館など。

電話の呼出音や独自の館内呼出システムの音でお客様の視聴を妨げることがなくなります。

監視員への情報通知-来場者に気付かれずに、警報を監視員に通知できます。
電話の呼出音や独自の館内呼出システムの音で、館内の静寂を壊すことがなくなります。 また、館内の図書館員への館内通知システムとしても利用できます。
通信距離



「シルウォッチ」の利点は?
A. 「シルウォッチ」は、介護用に開発された、無線式の情報伝達システムです。 屋内信号装置に行動範囲を制限されることがありません。健聴者と同様の日常生活が送れます。 家の中どこにいても大丈夫。病院や銀行の窓口での呼び出しにも使えます。

身に付けた受信器が電波の到達する範囲内でしたら、庭先や二階でも情報をキャッチしてお知らせします。 呼び出し送信機は電池でも利用出来ます。


腕時計型受信器の電池寿命は、どのくらいですか?
A. 新型「シルウォッチ」は腕時計受信機は充電式になりました。専用の充電機で充電しながら御利用ください。


送信器から受信器の電波到達距離は?
A. コードレスホンなどに使用される特定小電力を採用しましたので、半径100〜150m内外という十分な通信距離を確保しています。
中継器を配置することで通信距離を伸ばすこともできます。中継器は複数台、使用可能です。


シルウォッチは接点信号(2点まで)によって自動的に受信機を呼び出すことができます。
シルウオッチの送信機は、無電圧a接点入力用のリード線(1本)を追加することができます。 機械信号などを受けて、自動的に腕時計型受信器および携帯型光受信器を呼び出すことができます。

新規で御注文の際は、接点信号による呼び出し、押しボタンによる呼び出しのご希望のメッセージ2つを登録した状態で納品させていただきます。

接点信号用のケーブルをつけたシルウオッチ送信機
接点信号(無電圧A接点)用のケーブルをつけた写真。接点ケーブルの長さ約2.5m。


シルウオッチ送信機用の信号線
信号線。2本の青線はCOM。


シルウォッチは接点信号によって自動的に受信機を呼び出すことができます

3台の接点異常を1つの受信機で識別する例
3台の接点異常(機械異常、設備異常)を1つの受信機で識別する例。1〜3番で別々のメッセージを受信機液晶に表示できます。



シルウオッチの送受信機を同一工場内、フロア内で混信のしない複数のグループで利用することができます。
下の例 第1グループと第2グループが別々にシルウオッチを利用。
シルウオッチの送受信機を同一工場内、フロア内で混信のしない複数のグループで利用することができます


シルウオッチの送受信機を同一工場内、フロア内で混信のしない複数のグループを設定することが可能です
上のように複数のグループをまたいだ呼び出しパターンも可能です。


送信器に押しボタンを追加する事ができます 送信器に押しボタンを追加する事ができます。
A. シルウオッチの送信機には、予備の押しボタンを追加する事ができます。
本体の押しボタンを押したときと、予備のボタンを押したときに表示されるメッセージを 変える事もできます。







電話やインターホンの着信音を拾って、自動的に呼び出す事ができます。 電話やインターホンの着信音を拾って、自動的に呼び出す事ができます。
A. シルウオッチの送信機に音を拾うマイクを付けることができます。
※感度調整有り。

専用マイクを音の出る機器(電話機、チャイムなど)の音の出る場所に貼り付けてください。 マイクは両面テープになっています。

−ご注意−
送信器は壁・柱などに固定してください。 固定しなかったり、テーブルや電話台などの家具に固定すると誤作動を起こします。

電話やインターホンの着信音を拾って、自動的に呼び出す事ができます。

電話やインターホンの着信音を拾って、自動的に呼び出す事ができます。

今使っているシルウオッチに送信機と受信機は追加ができますか? 受信機、送信機とも、今お使いのシステムの中に追加可能です。
A. 追加機器の御注文の際は、以下の点をご確認ください。 現在お使いの受信機、送信機の裏側に5桁の数字のシールが貼ってあると存じます。 こちらの数字をご確認ください。


接点信号で自動送信する送信機を追加注文する事はできるでしょうか?
A. 受信機、送信機とも、今お使いのシステムの中に追加可能です。 現在お使いの受信機、送信機の裏側に5桁の数字のシールが貼ってあると存じます。 こちらの数字をご確認ください。


シルウォッチ システムの基本仕様
仕様 受信器 光受信器
型番 SW-0121 SW-0122
使用電波 426 MHz 帯
使用電源 CR2450電池3V 単4アルカリ電池(1本)またはAC100V-DC1.5Vアダプタ
CR2032電池3V
定格電流 6 mA MAX 12mA MAX
送信出力
識別符号 7種類+1(アラーム) (7種類+1)×4
外形寸法 52×41×14(16) 100×35×15.5
重量(g) 50 53
保存温度 -10 〜 +80 度 -10 〜 +80 度
動作温度 0 〜+50度 0 〜+50度
通信速度 512 bps
防水性 日常生活防水 防滴
付属品 リチウム電池CR2032 単4アルカリ電池(1本)
リチウム電池CR2450  
電池寿命 CR2450 168 日 60日
CR2032 58 日  

仕様 送信器
使用電波 426 MHz 帯
使用電源 AC 100 V - DC 9 V アダプタまたは単 4 電池(2 本)
定格電流 15 mA MAX
送信出力 1 mW + 20% / -50 %
識別信号 2 種類(スイッチ・センサー)
外形寸法 65×62×23(アンテナ、突起部を除く)
重量 80 g
保存温度 -10 〜 +125 度
操作温度 -5 〜 +50 度
通信速度 512 bps
データ・ビット 21 bits
防水性
電池寿命 1.5か月
付属品 AC 100 V - DC 9 V アダプタ
専用
コード
モジュラー
コード
専用
コード
規格 特定小電力 ARIB STD-T67



※シルウオッチの送信機、中継機を壁に設置する際の金具もご用意できます。追加オプション。






ボタン一つで受信機を個別に呼び出す-操作ボックスを使った運用方法
操作ボックスの電源:家庭用コンセント(電池駆動も可)
複数のメッセージを予め登録し、ボタン一つで10通りのメッセージを一斉配信する、という運用が可能です。

【操作ボックス(追加オプション機器)】
操作ボックスは、事前にメッセージを登録しておき、 ボタンを押すだけの受信機を呼出できる機器です。

操作ボックス
サイズ:約20p(横)×12p(縦)×7p(厚)
操作ボックスは1台の送信機を接続して使用します
操作ボックスは1台の送信機を接続して使用します。

※操作ボックスは電池稼動で、持ち運びもできます。

複数個のシルウオッチを事前にメッセージを登録しておき、 個別に呼び出すことができます。

ボタンを押すだけの簡単操作。 今お使いのパソコンと操作ボックスをミニUSBケーブル(市販品、送信機側ミニUSB-パソコン側USB)で接続し、 操作ボックス登録用ソフトを使って送信する相手や文字の内容を10種類まで登録できます。

操作ボックス登録用専用ソフト
操作ボックスから腕時計受信機を呼び出す操作。

ボタンは10個。 それぞれ個別の受信機とメッセージを登録して呼び出すことができます。 1つの呼出ボタンには、複数の受信機を登録することも可能です。

1番のボタン→受信機1だけ呼び出し。
2番のボタン→受信機1と受信機2の2つを呼びだし。
といった、グループ運用も可能です。

複数のメッセージを操作ボックスに予め登録し、 ボタン一つで10通りのメッセージを
全ての受信機に一斉配信することもできます。

操作ボックスを使った場合の液晶表示メッセージは半角カナ数字10文字まで。



流れるメッセージですが、専用ソフトとパソコンを使って書き換えができます。
1.操作ボックス1台 8万円(消費税別価格)
2.送信器用ケーブル 800円(消費税別価格)
※別途操作ボックス用の専用ソフトのご購入が必要です。運用方法によりまして、別にID登録費用が必要の場合がございます。
呼び出しと液晶メッセージの表示例

操作ボックスのボタン1に【ハンチョウ】と登録。

ボタン1を押すと、
受信機の液晶画面の【ハンチョウ】と表示されます。


操作ボックスのボタン2に【リーダー】と登録。

ボタン2を押すと、
受信機の液晶画面の【リーダー】と表示されます。


操作ボックスのボタン3に【ブチョウ】と登録。

受信機の液晶画面の【ブチョウ】と表示されます。


ボタン4【カイギシツ】

ボタン4を押すと、
受信機の液晶画面の【カイギシツ】と表示されます。




シルウォッチパソコン対応型

専用ソフトを使いパソコンから直接に多数の受信機に送信できるようになりました。
送信機は1つで済みます。


パソコン1台+送信機1台+専用ソフト

30個の受信機をパソコン上から個別に呼び出したり、30通りのメッセージを受信機に表示することが可能です。
簡単操作で様々な情報を一斉通報・個別通報・グループ通報が可能です。企業内での連絡に便利です。キー操作による呼び出しとなります。
※30以上をご希望の場合はお問い合わせください。
標準ソフト、パソコン用のシルウオッチのソフトはお客様ご用意のオリジナルソフトなどに併せて作り込む開発用のソフトになります。ご相談ください。





【お問い合わせとご予算】
ご要望を記入の上、お問い合わせ欄よりお気軽にお問い合わせください。
本製品は受注生産品です。機器構成や運用方法により価格が変更になる場合がございます。
商品についてのご質問、お見積もりのご依頼、 機器構成の変更やご要望、 ご相談につきましてはお問い合わせ欄から、 お気軽にお問い合わせください。
個別にお見積もりをさせていただきます。 お見積もりは無料です。

本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼
お問い合わせとお見積もりのご依頼はこちらをクリックしてください。

見積もり依頼ファックス送信表 見積もり依頼(注文兼用)FAX送信票


本製品のご予算
本製品のご予算

お問い合わせ先
株式会社LIBERO
電話:0765-24-2816
ファックス:0765-24-2793
mail:post@anzen-mail.com
会社案内



−当商品の特徴−
  • 信頼性の高い日本製の商品です。外国製商品と異なり修理点検が可能です。
  • 面倒な配線工事は必要ありません。
  • 送信機、携帯受信機とも複数台での組み合わせでご利用いただけます。
  • 送信機、携帯受信機のペアリングは互いに登録、抹消ができます。複数セットある場合には組み合わせの変更も可能です。
  • ご利用に伴う役所への届け出は必要ありません。
  • お見積もりのご依頼、ご相談は無料にて承っております。



  • 警報装置、パトランプ、構内ポケットベル、リモコンスイッチ、無線呼び出し装置のご相談を承ります。
  • ご自宅、事務所、店舗、倉庫、屋外の商品、資材などの盗難防止、防犯装置、セキュリティシステムのご相談、ご質問を承ります。
  • ご家庭、事務所、店舗、工場、倉庫などでご利用いただける緊急連絡装置、非常押しボタン通報設備のご相談を承ります。
  • ワイヤレス方式による異常監視装置、誘導装置、アラーム警報機のご質問を承ります。
  • お見積もりのご依頼は無料にて承っております。お気軽にご依頼下さい。
  • 弊社の商品は受注生産品が多く含まれています。屋外設置用防雨ケース仕様や電源(ソーラー式、バッテリ式、AC200Vなど)のご相談も承ります。
  • 弊社の商品は大がかりな配線工事、電機工事、取り付け作業の負担が少ない製品となっております。
  • お客様からの個人情報、お取り寄せいただいた内容は厳重に取り扱います。
  • ご質問には書面や電話、FAXにてご回答させて頂く場合もございます。
  • 土曜・日曜・祝日・年末年始休暇・夏季休業期間は、翌営業日以降のご対応となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。


本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ

バナースペース


本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内